ヴィオラ:バイオリン:チェロなど|全日本弦楽コンクール参加の仕方

全日本弦楽コンクール審査は動画オンライン審査×ホール対面審査

弦楽器楽譜2

日ごろ、弦楽器(ヴィオラ:バイオリン:チェロ:コントラバス)で練習を積み重ねているあなた、自分の実力を知りたいと思いませんか?

 

2021全日本弦楽コンクールは、そんなあなたの願いをかなえてくれる絶好の機会です。

 

エントリー受付期間:6/1〜8/5

 

大会は幼児部門から学生、大人まで7つの部門に分かれ、予選、本選と進みます。

 

予選は動画による審査です。動画の提出は、
@自分で撮影してYoutubuなどにアップロードする、
A主催者が用意したホールで演奏し、主催者が撮影する(自身でアップロードしない)、 
 @Aいずれかを選択します。

 

動画提出:8/6〜8/31  ※動画の提出はエントリー後でもかまいません。

 

予選の演奏ホールは、北海道から九州・沖縄まで全国6地域用意してあります。

 

ホール演奏:8/9〜8/26 
(下左から、北海道・東北、関東、中部、関西、九州・沖縄)

 

全日本弦楽コンクール北海道全日本弦楽コンクール関東
全日本弦楽コンクール中部全日本弦楽コンクール関西全日本弦楽コンクール四国全日本弦楽コンクール九州

 

 

 

本選:(11月30日:東京杉並公会堂)   

 

審査は、ホールでの審査と、当日撮影の動画による審査を合わせて行われます。

 

全日本弦楽コンクールの特徴は、予選の段階から審査に工夫をこらし、参加者が納得できる「公平性」「透明性」を追求していることです。

 

審査員は全国の優秀な演奏者・指導者より選抜して、年齢や地域に偏りがないよう配慮しています。

 

また、演奏番号による審査の偏りをなくし、動画で何度でも演奏を確認することができるようになっています

 

とくに本選については、すべての方が演奏内容と審査結果を照らし合わせることができるように、演奏映像と審査結果がwebサイトで公開されます。

 

全日本弦楽コンクールは、単に参加者を選抜するだけでなく、審査員と参加者(保護者や指導者も)とのコミュニケーションを重視し、各審査員のアドバイス用紙「採点表」が交付されます。あなたの、これからの練習の大きな励みになることでしょう。

 

 

全日本弦楽コンクールの流れ

〈エントリー受付〉6/1〜8/5
  1.先着順に申し込みを受け付けます。
  2.申し込みが定員を超えた場合、エントリーページを閉じることがあります。
  3.申し込み内容の変更・訂正は所定の期間内に手続きした場合のみ可能です。
  4.申し込みのキャンセルはできません。欠席、参加辞退の扱いとなります。

 

 

〈予選〉
 動画提出:8/6〜8/31  ※動画の提出はエントリー後でもかまいません
 ホール演奏:8/9〜8/27 (北海道・東北、関東、中部、関西、九州・沖縄)

 

全日本弦楽コンクール本選会場
〈本選〉
 11月30日:(東京杉並公会堂)
 ※本選はLIVE配信を行います。(※LIVE配信のアーカイブは残しません。)

 

 

〈結果発表〉本選から約10日後にサイトにて発表
 審査結果(入賞者の氏名、写真、採点結果等)は、HPにて掲載します。
 また、審査結果を新聞等マス・メディアに提供する場合があります。

 

〈表彰〉各部門に金賞、銀賞、銅賞
1.当日のプログラムに参加者の氏名・学年等が記載される場合があります。
2.本選入賞者の学校には本部事務局より学校長宛に入選報告書を送付します。
3.優秀な成績を収めた方は、ほかのコンクールへの推薦、各種ご案内(入賞者記念コン
 サート、公開レッスン等)を送付することがあります。

 

大会
種別

場所 開催日/受付期間
予選

北海道・東北
札幌サンプラザ

8月24日火)

関東
プラザノースホール

8月25日(水)

中部
浜松市天龍壬生ホール

8月27日(金)

関西
北神区文化センター大ホール

8月9日(月)

中国・四国
サンポートホール高松・第二小ホール

8月11日(水)

九州・沖縄
春日市ふれあい文化センタースプリングホール

8月25日(水)
海外(動画審査) 7/1~8/30
本選

東京
杉並公会堂

11月30日(火)

全日本弦楽コンクール4種楽器

 

全日本弦楽コンクール|部門・料金・持ち時間

部門

料金(税込)

予選/本選

持ち時間

幼児 7,700円 11,000円 2分
小学生低学年(1〜3年生) 8,800円 12,100円 3分
小学生高学年(4〜6年生) 9,900円 14,300円 5分
中学生 11,000円 15,400円 6分
高校生 12,100円 16,500円 8分
大学生・院生・一般 13,200円 17,600円 10分
アマチュア(18歳以上、音楽大学在籍、卒業生を除く 9,900円 15,400円 5分

※各資格は2021年4月2日時点で決定

 

分数制限について

1.予選の映像は分数制限内にカットして提出してください。
2.本選は演奏が分数制限超えた時点で演奏終了。審査に影響しません。
3.本選・予選ともに持ち時間は同じです。

 

演奏曲目について

1.予選、本選、いずれも自由曲。
2.クラッシック音楽以外の曲、楽譜が出版されていない曲、自作曲、複数の楽譜を組み
  合わせる等は不可とします。
3.予選・本選は同じ曲(楽章)を演奏してもかまいません。
4.短い1曲のみの演奏や、短い曲を2曲〜3曲組み合わせる事もできます。(本選はエン
 トリー後の曲変更はできません)
5.複数の楽章を組み合わせる事や、組曲、変奏曲を抜粋することもできます。申し込み
 時に抜粋や省略などの記載がなくても、審査に影響はありません。ただし、楽章が未記
 入の場合は第一楽章からの演奏となります。
6.自由曲制のため、見本になる曲目一覧はありません。得意な曲、好きな曲などを自由
 に選択してください。

 

演奏当日について

1.参加票で指定された受付時間までに会場に入ってください。
 演奏時間の指定、変更はできません。
2.審査順番は事前に機械による無作為の抽選で決定し、開催日14日前までにwebサイトで
 発表します。
3.審査開始の10分前までに所在の確認が取れない場合は、遅刻または棄権と判断しま
 す。「遅刻」と判断された場合、実施事務局と審査員の判断により、演奏順番の変更、
 平均点からの減点などが課されることがあります。
4.運営上の都合により、規定された時間内であっても審査員長の判断で演奏の一部を
  カットすることがありますが、採点には影響しません。
5.事前の登録と異なる曲目を演奏した場合、失格となります。
6.会場内の撮影・録音は主催者が指定した者(業者)以外は原則禁止です。

 

伴奏者について

予選:各自で手配  ※伴奏なし(独奏)でもエントリーできます。
本選:各自で手配、もしくは事務局が伴奏者を紹介することも可能です。伴奏者リストをご確認ください。
料金:幼児・小学生 15,000円 中学生〜 18,000円 ※前日1時間リハ+本番

 

弦楽コンクール伴奏坂本
ピアニスト坂本真由美
東京藝術大学音楽学部ピアノ科で教鞭

 

 

弦楽コンクール伴奏正住
ピアニスト正住真智子
東京藝術大学音楽学部ピアノ科非常勤講師

 

 

弦楽コンクール伴奏本多
ピアニスト本多昌子
全日本ピアノ指導者協会理事

 

 

弦楽コンクール伴奏山田
ピアニスト山田剛史
国立音楽大学および東京学芸大学非常勤講師

 

 

本選審査について

本選審査に際しては、1名の演奏に対し8名の審査員が10点満点で採点し、最高点と最低点をカットした上で平均点順にて得点・順位を決定。偏りを極限まで無くすように配慮してあります。
 本選はLIVE配信を行います。(※LIVE配信のアーカイブは残しません。)

 

 

審査基準
カテゴリ 配点 項目
表現力 5.0 響きの美しさ、拍節館・自発性など
音楽の構成力 3.5 メロディと伴奏のバランス、デュナーミク、テンポなど
演奏の正確性 1.0 暗譜の精度、音程など
曲の難易度 0.5 各級相応の選曲

 

カメラのセッティングについて

 

 

撮影はスマートフォン・タブレット・ビデオカメラなどをご利用ください。
撮影はデフォルトのカメラアプリ、録音は内蔵のマイクで差支えありません(専門的な機材で撮影をする必要はありません

 

※必要に応じ、三脚等で固定してください。
※アプリによる映像・音声加工は禁止します。
※1台のカメラで撮影した編集無しの動画に限ります。

 

1.演奏動画には最低限、演奏者の横顔と手元が映るようにしてください。
  全身が入っていることが望ましいですが、必須ではありません。

 

2.カメラの位置(演奏者の左右・距離)や向き(横撮影・縦撮影)等は、撮影環境に応
  じて柔軟に変えていただいて構いません。

 

3.撮影・録音に際して1本の動画に時間内であれば複数の曲を演奏しても構いません。
  曲中、曲間の編集・加工は禁止です。(セルフ撮影の場合、第一音より前、最終音よ
  りあとの空白のみカット可。)

 

4.演奏の視聴に妨げになるような雑音の混入はできるだけ避けてください。ただし、電
  車の音などやむをえない環境音については、評価時に考慮します。

 

5.演奏前のお辞儀、氏名・曲名の申告は不要です。
6.ご自身のお名前等の個人情報がわかるものは極力映らないようご配慮ください。

 

7.映像は何度でも撮り直し可能です。最高のテイクをご提出ください。

 

YouTubeに動画をアップロードする方法

動画投稿について

動画提出締め切りは8月31日まで
公式サイト動画投稿フォームを利用

 

>>全日本弦楽コンクール

 

郵送の場合:〒251-0026 神奈川県藤沢市鵠沼東1-1 玉半ビル3F
      株式会社フーフー宛て
郵送は8月25日必着、データ送信は23:59までとなります

全日本弦楽コンクールのQ&A

弦楽器バイオリン

 

〈予選〉
Q:予選の動画撮影時、全身でなく上半身のアップを撮影すればいいでしょうか?
A:撮影時には上半身から上が映っている状態で撮影ください。

 

Q:予選の動画撮影時のピアノ伴奏は、CD等録音したものを使用してもいいでしょうか?
A:動画撮影時のピアノ伴奏はCD音源でもエントリーできます。

 

Q:応募する曲は無伴奏の物でもよいのでしょうか
A:無伴奏の曲を選曲されてもエントリーできます。

 

Q:演奏は伴奏なし(独奏)でもよろしいでしょうか?
A:伴奏なし(独奏)でもエントリーできます。

 

Q:奏曲を制限時間内に収める場合、前半と後半どちらをカットするべきでしょうか?
A:演奏曲を制限時間内に収める場合には、後半をカットしてください。

 

Q:郵送で動画投稿をする場合、必須記載事項はありますか?
A:注文番号・申込者・演奏者は必ず記入してください。

 

Q:映像の提出方法をアップロードから郵送に変更しても良いですか?
A:大丈夫です。郵送からアップロードに変更する事も可能ですが、提出時に変更したことが分かるように記載してください。

 

Q:時間内に2曲以上演奏する際に別々に収録しても良いですか?
A:2曲以上演奏する場合でも続けて演奏して頂き、1回の録画で収録してください。

 

Q:エントリーした曲を変更できますか?
A:できます。曲の提出フォームに曲名を入力する箇所があります。郵送提出の方は変更が分かるように曲名を記入した用紙を同封してください。

 

Q:過去に撮影した動画でエントリーは可能ですか?
A:2021年4月2日以降に撮影された映像であれば可能です。

 

Q:収録はスマホの録画でも大丈夫ですか?
A:大丈夫です。

 

Q:服装の指定はありますか?
A:予選は私服の演奏で構いません。

 

Q:指導者ですが参加できますか?
A:参加できます。

 

Q:電子バイオリンでの演奏でも大丈夫ですか?
A:大丈夫です。

 

Q:音質は審査対象になりますか?
A:極端に音質が悪いもの以外は収録環境を考慮して審査しますのでご安心ください。

 

Q:演奏曲はクラシック限定ですか?
A:クラシック曲限定です。

 

Q:提出した動画はHPに掲載されますか?
A:本選出場者の動画のみ掲載いたします。

 

Q:本選に出場出来ない場合でも採点表はもらえますか?
A参加者全員に後日採点表を郵送します。

 

Q:指定された時間を超えた演奏は失格になりますか?
A:失格にはなりませんが採点に影響します。

 

Q:演奏の動画は編集しても良いでしょうか?
A:1台のカメラで撮影した編集無しの動画に限ります。

 

Q:自宅以外で演奏を収録しても良いでしょうか?
A:大丈夫です。

 

Q:譜面を見ながらの演奏でも良いですか?
A:暗譜しての演奏となります。

 

 

〈本選〉
Q:応募する曲は無伴奏の物でもよいのでしょうか。
A:無伴奏の曲を選曲されてもエントリーできます。

 

Q:演奏は伴奏なし(独奏)でもよろしいでしょうか?
A:伴奏なし(独奏)でもエントリーできます。

 

Q:演奏曲を制限時間内に収める場合、前半と後半どちらをカットするべきでしょうか?
A:演奏曲を制限時間内に収める場合には、後半をカットしてください。

 

Q:既定の演奏時間を超過したら減点されますか?
A:規定の時間を超過した場合、その時点で演奏を終了とさせていただきますが、減点の対
 象にはなりません。
 また、入退場や椅子の調整等は演奏時間に含まれません。

 

Q:保護者の同伴はできますか?
A:A級・B級に限り演奏時まで同伴可能です。
 スタッフによる椅子等の調整はないので、必要な場合は保護者の方が行ってください。
 その他の級の保護者の方はエントランス等でお待ちください。

 

Q:受付後の流れを教えてください
A:受付後、自身の演奏の30分前までは自由に過ごしていただいて構いません。
 30分前には控室にお入りください。

 

Q:受付は本人がする必要がありますか?
A:受付は保護者の方でも問題ありませんが、受付時に検温をするため演奏者も一緒にお越
 しください。

 

Q:本選は服装の指定はありますか?
A:一般的なコンクールの服装でお願いします。(※服装は審査に影響致しません。)

 

Q:本選は予選と同じ曲で演奏しても良いですか?
A:大丈夫です。

 

 

〈その他 〉
Q:ソナタ等をエントリーする場合、楽章は、任意の楽章ですか?全楽章ですか?
A:楽章は、任意の楽章を抜粋して頂いて構いません

 

Q:大学・一般枠は、年齢制限はありますか?
A:大学・一般枠の年齢制限はありません。

 

Q:成人が参加する場合、一般部門とアマチュア部門とで、参加費と演奏時間以外でどのような違いがありますか?
A:演奏家やプロを目指す方向けが「一般部門」
 15歳以上〜弦楽を趣味として楽しまれている方向けが「アマチュア部門」になります。

 

Q:支払いは銀行振込だけですか?
A:ペイパルでのクレジット決済も可能です。

 

Q:時間内で複数曲の演奏は可能ですか?
A:時間内であれば複数の曲を演奏しても構いません。

 

Q:趣味で習っているのですが一般部門での参加は可能ですか?
A:可能です。

 

全日本弦楽コンクール主催者 

一般社団法人 日本音楽協会
代表理事:高木敏郎
事務局:株式会社huhu
 〒251-0026 神奈川県藤沢市鵠沼東1-1 玉半ビル3F
  TEL: 0466-22-1115  FAX: 0466-22-1116
  E-mail:info@classicmusic.tokyo
協賛
全日本弦楽コンクールスガナミ楽器

 

 

全日本弦楽コンクールまとめ

全日本弦楽コンクールは日ごろのあなたの練習の成果を思いっきりぶつけることができる舞台です。
審査は動画オンライン審査×ホール対面審査という新しい方法を採用、「公平性」「透明性」の確保に万全の体制を敷いています。

 

参加者には各審査員のアドバイス用紙「採点表」が交付されます
今後のあなたの演奏活動の大きな励みになることでしょう。

 

ぜひ、振るって参加してはいかがでしょう!